恋愛 結婚 ~ひきこもごも~

つらいけど楽しい恋バナ みんなの恋愛

「毎日がつまらない」中年男性の72%が回答 35~49歳の中年男性300人

http://ift.tt/1TyXhGs

受け身じゃ何も始まらないもんねぇ

1: レッドインク(東日本):2016/05/10(火) 14:29:21.05 ID:ccCo9zhj0.net
35~49歳の中年男性300人に聞いたところ、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」と答えた男性は、
実に全体の72%。中でも約半数の男性が、つまらない原因は「仕事」にあると答えている。

「昔は結果を気にせず全力でがんばれた。今は『できないものは仕方ない』と割り切っている」(42歳・旅行代理店)といった声からうかがえるのは、
気力や体力をなくした中年男性のうつろな姿だ。

男の生きづらさを研究する男性学の武蔵大学助教・田中俊之氏はこう語る。

「彼らは、将来の“先が見えない”不安より、すでに結果が出ていてこれ以上の展望が望めない“先が見えてしまった”喪失感のほうが強い。
男性は子供の頃から大きな夢を持てと言われて育つため、無限の可能性があった過去を美化してしまい、さまざまなものを“失った”と感じているのでしょう」

習慣化コンサルタントの古川武士氏は、中年男性の喪失感について次のように分析する。

「人間には“変化領域”と“現状領域”がある。20代は、変化にさらされるストレスの代わりに成長感が得られる“変化領域”にいるが、30~40代は
安心や安定と引き換えに停滞感を感じる“現状領域”に入っていき、そのカラは厚くてなかなか抜け出せません」

心療内科医の海原純子氏は、人が物事に没頭した状態についてこう説明する。

「人は、達成した結果ではなく、達成するためのプロセスにしか楽しみを見出せない。10回中10回成功するような課題には退屈してしまうので、
10回中5回成功し、努力すれば7回になる、くらいの課題がもっとも心地いいんです」

この没頭状態を“フロー感覚”と呼ぶが、「若い頃は、能力は低くても挑戦している実感があるが、中年になると能力が上がるぶん挑戦している手応えはなくなり、
退屈さが勝るようになります」(古川氏)。

「社会全体がリスクを恐れるようになり、『これ以上ひどい目に遭いたくない』『今までと同じことをしていれば間違いないだろう』という気分が蔓延している。
しかし、適度にリスクを取って新しいことに挑戦しないと、現状維持のつもりがむしろ後退になってしまうでしょう」(田中氏)

http://ift.tt/1TyXhGu

元記事:http://ift.tt/1s9Y4b4

続きを読む

from 結婚・恋愛ニュースぷらす http://ift.tt/1TyXkC7
via IFTTT

勇気を出して 出会い系にトライしてみませんか?

実は私も出会い系で素敵な彼と出会うことが出来ました
最初は出会い系によくない先入観もありましたが勇気を出して入会して今の誠実な彼と出会うことが出来ました
本当に最初の踏ん切りが良かったと思います

 

でも 男性も女性も安全な出会いサイトを選ぶことはとても大切だと思います

私が参考にさせてもらったサイトはこちらです あなたもドキドキする恋をここから初めてみませんか?

アフィリエイト
ハッピーメールバナー

-未分類
-,