恋愛 結婚 ~ひきこもごも~

つらいけど楽しい恋バナ みんなの恋愛

急増する“女ストーカー” その7割は元カノ 男の常識は通用しない?

http://ift.tt/2kVAGuo

WS000053

1:砂漠のマスカレード ★:2017/02/19(日) 13:29:48.78 ID:CAP_USER9.net
昨年9月、東京都目黒区に住む24歳の女性がストーカー被害の末に殺害された。
ストーカーが起こす痛ましい事件が後を絶たない現状を受け
12月にストーカー規制法が改正、罰則が強化された。しかし実は今、男を追い詰める“女ストーカー”も急増しているのだ!

前編記事「知らない女が浴室の天井裏で…」に続き、被害に合った男性たちの経験談をストーカー事情に詳しい、
私立探偵の阿部泰尚(ひろたか)氏にご紹介いただく…。

■毎日届く差出人不明のはがき

しかし、ストーカーがアカの他人ではなく親しかった女性の場合、当然のことながら話はもっとこじれる。
会社役員のDさん(45歳)は妻子ある身だが、20歳年下の派遣社員女性と不倫関係に陥った。

話し合いの上、1年続いた不倫関係を解消し、その後、相手の女は会社を去った。

しばらくすると、自宅、会社…さらには奥さんの実家にまで、Dさん宛てで差出人不明のはがきが届くようになった。
内容は「『ガンダム』における黒い三連星はガイア、オルテガと誰でしょう?」や「はらたいらさんに3000点」といった意味不明なもの。
こんなはがきが2年間、毎日送りつけられてきた。

Dさんは会社で嘲笑の的となり、家族には不倫がばれ、居場所を失っていく。
犯人は元不倫相手と想像できたが、所在不明で連絡が取れない。
阿部氏がDさんの依頼で女の住所を特定し、はがき投函の現場を押さえるまでこの行為はやまなかった。
女の動機はDさんに捨てられたことに対する復讐だった。

「もともと女ストーカーの7割は、不倫相手も含めた元カノです。
そしてハッキリ物事が言えない、女性に優しいタイプの男性がストーカー被害に遭いやすい」(阿部氏)

会社員のEさん(20歳)も、元カノのストーカー行為に苦しめられたひとりだ。
数年前、Eさんは18歳のフリーター女性とSNSを通じて知り合い、付き合うようになった。
どことなく島崎○香に似ている恥ずかしがり屋の彼女と、しばらくは順調な交際が続き、やがて彼女は毎週末Eさんのアパートに泊まるようなった。

だが、実際に付き合っていると、彼女は何事にも後ろ向きで悲観的な性格だった。
1年が経過した頃、Eさんは「自分の仕事が面白くなるにつれ、そんな彼女に飽きてきた」。

ある時、些細なことで口論になり、「このコとは別れよう」と決心したという。
だが別れを直接切り出すことができず「仕事が忙しくなり海外に住む」などとウソをつき距離を置くことにした。
すると毎日、数十回も彼女から電話がかかってくる。無視をすると留守電に「どこにいるの?」とメッセージが蓄積した。

http://ift.tt/2lvXKTo
2017年2月19日 11時0分 週プレNEWS

元記事:http://ift.tt/2kVVEJF

続きを読む

from 結婚・恋愛ニュースぷらす
via IFTTT

勇気を出して 出会い系にトライしてみませんか?

実は私も出会い系で素敵な彼と出会うことが出来ました
最初は出会い系によくない先入観もありましたが勇気を出して入会して今の誠実な彼と出会うことが出来ました
本当に最初の踏ん切りが良かったと思います

 

でも 男性も女性も安全な出会いサイトを選ぶことはとても大切だと思います

私が参考にさせてもらったサイトはこちらです あなたもドキドキする恋をここから初めてみませんか?

アフィリエイト
ハッピーメールバナー

-未分類
-,